MVNOを利用する前にネックになりそうな要点まとめ - MVNOは通信品質が改善している
  • MVNOを利用する前にネックになりそうな要点まとめ

    MVNOのサービスでは、一部例外を除くと以前使用していたキャリアメールが引き継げないです。


    長年使い続けてきたキャリアメールをいきなり違うメールに切り替えるのは抵抗があるはずです。仮にMVNOと契約する場合、キャリアメールで登録したサービスを一度全て調べつくす必要があります。



    使わなくなったサービスはそのまま解除、必要なサービスはメールアドレスを変更、といったように非常に面倒です。

    MVNOのSIMカードと、大手携帯電話会社の端末ではテザリングが出来ない場合もあります。
    スマートフォンをルーターのように使用する人は、対応する機種を詳しく調べておきましょう。

    後で失敗しないよう事前チェックは必須です。

    サポートの面で高額機種の導入が不安になります。
    機種によっては10万近くするスマートフォンを、サポートの薄いMVNOで運用すると、途中故障した時、出費が激しくなります。

    修理費用だけでも数万、買い替えになると全額負担しなければいけません。



    高額なスマートフォンで格安SIMを使うなら、安全オプション加入必須です。

    その分、月額料金は高くなりますが、故障時を考えると悪くはない選択です。


    MVNOの通信速度の不明瞭さもネックです。

    契約先によって速度の出る時間帯はマチマチであり、ユーザーは頻繁にデータ通信をする時間帯を予め把握しておく必要があります。


    使う時間帯のみ速度が出る事業者なら無駄もなく、快適にサービスを利用可能です。


    キャリアですと通信自体安定はしていますが、料金は高めです。



    初めての人では初期設定でつまずくかもしれません。

    これは事業者側がサイトで紹介していますので、そちらで解決すれば問題ないでしょう。

    他にはクレジットカード決済メインである点もややネックかもしれません。調べれば口座振替に対応した事業者も多いので、どうしてもクレジットカードが難しい人は他の決済可能な事業者に申し込みましょう。