子供服を選ぶ際は、肌への優しさや動きやすさなどを考慮することが大切になりますが、そのためには素材に注目することがポイントになってきます。子供服の素材には、裏毛・天竺・鹿の子・パイル・フライス・スムース・ワッフルなどがあり、それぞれで特徴も異なります。裏毛は、表面に太い糸でパイルを作った編み地で、パイルの形状が肌と生地の間に空気を含むため、快適な着心地と保温性を実現することができます。天竺は、適度な伸縮性があることから体にフィットしやすいのが特徴的で、強度が高く安定性のある編み地となっているので、Tシャツの素材にもよく使われます。

鹿の子は、通気性と耐久性に優れているのが魅力で、表目と裏目を縦・横交互に組み合わせて編むことによって、表面に編み目柄を表した編み地となっています。肌に優しい子供服を選びたいときはパイル素材がおすすめで、パイルは繊維が生地の表面にループ状に出たタオル地のような素材となっているため、肌触りの良さはもちろん優しい着心地を実現することができます。フライスは、肌着やジャージ、セーターの袖口などによく使われている素材で、表裏ともに同じ網み目となっていて横方向に伸縮性を持っているのが大きな特徴です。スムースは、リブ編が二重に重なった編み地でしっとりと柔らかな感触があるため、体に無理なくフィットして動きを妨げることがありません。

ワッフルは、表面の凹凸サラッとしているので、夏は涼しく冬は暖かさを感じることができます。子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です