子供服の選び方がわからないという初心者パパ・ママは多いといわれています。そこで注目したい子供服の選び方はジャストサイズを選ぶことや素材にこだわることです。成長期の子供は体がどんどん大きくなっていきますが、基本的に合わないサイズの物を無理に着せるのではなく新生児、乳児、幼児に分けてジャストサイズの子供服を用意することがポイントです。例えば新生児ならば目安として50サイズを選ぶようにすると、男女ともに平均身長は変わらないのでサイズが合わないということはなくなります。

乳児の目安は50~70サイズで、この時期になると個人差も大きくなってくるので平均値に合わせて選ぶと失敗が少ないです。幼児になると成長が著しいので実際に子供の身長を測ってからジャストサイズの服を選ぶようにします。そして子供服に使用されている素材ですが、この時期は肌がデリケートなので肌に優しい素材や伸縮性、通気性を意識して選ぶことがポイントです。肌にかぶれが起こらないようにパイル素材を選ぶと、タオルのような優しい肌触りなのでかゆみを予防してくれます。

また体を締め付けない伸縮性のある素材は着用もスムーズに行え、窮屈さがなく動きやすくなるので服を着るのを嫌がることがありません。子供は大人より体温が高く汗をかきやすい時期でもあるので、通気性を意識した素材選びも大切で、通気性の高いガーゼ素材の服や吸湿性に優れる綿素材の服が選ばれています。子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です