京都でトイレ本体の修理が必要なら

京都の家庭でもトイレでは様々なトラブルに見舞われます。最初の頃はちょっとした症状に見えても、やがて大きなトラブルにつながるケースも珍しくありません。日頃からトイレをチェックし、少しでも異変を感じたら、速やかに修理することが求められます。例えば便座やフタのヒビ割れを見つけた場合には、新しいものに交換する必要があります。

現在使用している便座やフタと同じ品番のものを新たに取り寄せれば、素人の方でも比較的スムーズに取り付けることができます。ただし温水洗浄便座の場合には、電気を扱うことにもなるため、京都で実績のある水道修理会社へ依頼すべきでしょう。便座がガタついて不安定な場合なら、便器と接続するナットのゆるみや、便座の裏側にあるクッション材の剥がれなどが、基本的には考えられます。ナットのるゆみは工具さえあれば簡単に締め直すことが可能です。

またクッション材の剥がれも、新しいものを取り寄せて、簡単に交換することができます。便器やタンクの陶器部分にヒビ割れがあるケースもあります。ここから水漏れしているなら、とりあえず市販のパテやコーキング材で応急処置をしましょう。ヒビ割れの度合いが酷かったり、耐用年数である10年を過ぎているトイレであれば、速やかに京都にある地元の水道修理会社へ連絡をしてください。

このケースでは便器やタンクを単体で交換するのではなく、リフォームを含めてトイレ全体を交換する必要も生じるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *